世界豆漿大王で台湾の伝統的な朝食!行き方&世紀豆漿との違いも

世界豆漿大王 ブログ

最終日の朝、台湾の朝ごはんで楽しみにしていた豆漿(トウジャン)を食べに行ってきました❗️

台湾は外食文化が進んでおり、朝早くから空いているお店も沢山あります。

今回は台湾のガイドブックにも多数載っている人気店の、世界豆漿大王に行ってみることに☺️

台湾で人気の朝ごはん豆漿(トウジャン)とは

豆漿

豆漿(トウジャン)とは豆乳のこと。

台北には豆漿のお店がたくさんあり、毎日朝ごはんを食べにくる人達で賑わっています☺️

豆乳と言っても日本のような豆乳だけではなく、しょっぱい味付けのスープの様な種類もあり、店舗によってメニューもたくさん❗️

お手頃なのに健康にも良く、美味しいとのことで期待が高まります。

世界豆漿大王の場所・アクセス

私たちが向かった世界豆漿大王はMRT雙連駅から徒歩10分程。

下の地図の29番のところです。

スマホで地図が見づらい方はこちらをタップ↓↓
Google Mapで確認する

600mくらいと遠くはないのですが、地図を見ながらでないと辿り着くのは難しいです。

世紀豆漿

ちなみにMRT雙連駅の出口のすぐ横にあるのは、世紀豆漿というお店です。

世紀豆漿大王と紹介しているブログもあるので、私も最初は混乱してしまいました😇

世界豆漿大王はこの店ではないのでご注意ください。

ただこちらも人気店で、駅近なのでアクセスが便利です!

世界豆漿大王のメニュー表・値段一覧

世界豆漿大王

MRT雙連駅から10分ほど歩いて世界豆漿大王に到着!

見た目もレトロで可愛いです☺️

朝10時過ぎに行くとピークを過ぎたのか店内は落ち着いていました。

お店に入ると店員さんが、日本人?と聞いてくれて壁のメニューを指差しで教えてくれました❗️

世紀豆漿大王 メニュー

どれも日本語表記や写真もあって分かりやすいです。

メニューの種類もたくさん合って迷います😇

世紀豆漿大王 メニュー2

どれもお手頃なお値段で嬉しい!

人気の豆漿も種類がたくさんあります。

世紀豆漿大王 メニュー3

とりあえず人気メニューをいくつか頼んで奥のテーブルに。

迷っていると店員さんが、丁寧に教えてくれて嬉しかった☺️

カタコトであれば日本語も分かってくれて安心です。

世紀豆漿大王のメニューと食べた感想

世紀豆漿大王 テーブル

中は黄色のイスやテーブルを基調に、割とこざっぱりした印象です。

日本人の観光客が多く、ガイドブックやSNSで人気が出たのでしょうか😇

地元の方も朝ごはんを食べに来ている様子。

テーブルに座って数分で、すぐ料理が運ばれてきました。

冰米漿(大) 20元(約70円)

冰米漿(大)

こちらは米とピーナッツで作ったドリンクの冰米漿

味はピーナッツの香りが強く、栄養価が高そうな感じがします。

割とトロッとしているので、これだけ一気に飲むとお腹に溜まりそうな感じ😇

甘さ控えめで癖もないので飲みやすいと思います。

鹹豆漿(シェントウジャン) 25元(約90円)

豆漿

こちらは人気メニューの鹹豆漿(シェントウジャン)!

切干大根や酸菜、油條、ネギが入っており、お酢がきいていてピリッとしたスパイシーなスープです。

ザーサイの様なものも入っていて、揚げパンが中に入っていてふやかして食べます☺️

中華系のあっさりスープという感じで美味しく頂けました。

焼餅猪排起士蛋 55元(約190円)

焼餅猪排起士蛋

こちらも絶対食べようと思っていた焼餅猪排起士蛋。

パリパリの生地の中に焼いた豚肉と卵が入った人気メニューです。

メニューを頼む時にチーズいれる?と聞いてくれたのでチーズ入りにしました!

このとろけたチーズと半熟の卵の相性抜群なので、絶対にチーズ入りがおすすめです😇

焼餅猪排起士蛋 断面

一瞬私の苦手な八角の臭いがしたので大丈夫かな?と思いましたが、このソースを付けると全く気になりませんでした☺️

味はサクサクのとん平焼きみたいな感じです。

このメニューが1番お気に入りだったので、行ったらぜひ食べてみて欲しいです❗️

世界豆漿大王に行った感想

世界豆漿大王 料理

世界豆漿大王は美味しい朝ごはんがお手頃価格で食べられます。

この3品を頼んで、お会計は100元(約350円)とかなりお手頃❗️

お客さんは日本人が多いためか、日本語表記もあって安心です。

ローカルな雰囲気も味わえるので、台湾の朝ごはんにぜひおすすめ。

今回はスパイシーな鹹豆漿(シェントウジャン)をオーダーしましたが、豆乳の味がする定番の豆漿(トウジャン)も気になったので次回飲んでみたいです☺️