エアアジアXで関空からハワイへ【感想・口コミ】【子連れ向け】

エアアジア ハワイ 関空 セール

今回ハワイ旅行に行く決め手となったのがエアアジアの激安の航空券!✈️

なんと往復で2万円代!

少し昔までハワイ旅行というと20〜30万円かかるイメージだったのに、今ってそんな時代なんですね👀

そんなに安くて大丈夫?!と心配になる方も多いと思うので、実際に乗ってみた感想をご紹介します。

エアアジアX 関空-ハワイ便の基本情報

エアアジアの関空-ホノルル便は現地時間の正午ごろに到着し、帰りは日本時間の夜に到着します。

  • 往路
    • 日本出発時間 23:25
    • ハワイ到着時間 12:30
    • 移動時間 8時間5分
  • 復路
    • ハワイ出発時間 16:00
    • 日本到着時間 20:25
    • 移動時間 9時間25分

 

滞在期間を有効に使えるいい時間設定👍

特に関西在住の方ならフルフルで遊べますよね。

私の場合は、到着日に福岡に帰るのが間に合わない不便さはありますが😂

エアアジアXでは機内食は有料

エアアジアXでは機内食は有料です。機内モニターもないので、最初から機内では寝るだけ!と覚悟して、機内食はないものとして望みました。

寝る気満々だったので、初めてネッグピローを持参。わざわざ福岡から持って行ったのに、関空内の3coinsでも売っていて、そっちの方が可愛かったです😇

行きは深夜便で直前に空港でお好み焼きを食べていたので、機内食がなくても全然気になりませんでした。

【関空ラウンジ】プライオリティパスでぼてぢゅうが3400円まで無料

 

夜起こされることもないし、お腹が減ったらカップラーメンやお菓子を買うこともできます。

持ち込みは基本的にNGと後から知りましたが、みんなお菓子などの軽食を食べており、特に注意されることもなく黙認されているようでした😂

私は帰りの便でコーヒーを頼みましたが、3ドルと良心的でした。機内食を食べる方は事前予約だと安くなるらしいし、カップラーメンも色んな種類があってお手頃で惹かれました👍

機内食は出てきたら絶対食べてしまうので、バリ島旅行の時には、到着までに3回ぐらい出てきて、「ちょっともう無理…」となってしまったので、自分の好きな時間に食べられるのは助かります☺️

【バリ島旅行記】シンガポール航空の機内食レビュー

エアアジアではブランケットも有料

エアアジアの機内はめちゃくちゃ寒い!と聞いていたのですが、バリ島に行った時のシンガポール航空よりはマシかなと思いました。

ブランケットも借りるのは有料らしいので、寒がりな方は上着を持っていかれた方が良いかと思います。

個人的にはユニクロのライトダウンくらいあっても丁度よいかな、と思いました。

エアアジアのホノルル便は子連れにおすすめ!

今回の空の旅で一番印象に残ったのが、小さな子供連れの家族が多かったことです。国際線の機内で子供を見る機会は少ないので新鮮な光景でした。

まだまだ赤ちゃんって感じの小さい子から、幼稚園くらいの兄弟が並んで座っていたりと子供がたくさん。私たちは後方の2人席を座席指定したのですが、隣の三列タイプの座席は隣、前後全て子連れでした。

みんな用意したタブレットを見て大人しくしていて、えらいなーと感心してしまいました。

もちろんたまに泣き出す子もいますが、人数が多いせいか逆に気になりません。これだけ子供が多かったら当然これぐらいうるさいだろうなって心構えができているからでしょうか。

子供連れでも他の国への旅行よりは気を使わなくて良さそうです😂

 

心配な方は「quiet seat」を指定すべし!

子連れが多いというのが常識になっているのか、クワイエットゾーンというのが設けられていました。

プレミアムフラットベッドゾーンの後ろで、カーテンで仕切られた7列ほどのエリアです。後で調べてわかったのですが、このエリアは10歳未満の子供は入れないようなので、静かな座席がいい方はこちらがおすすめです。

座席指定料金は約2,900円(時期によって変更あり)。そんなに高くない値段で指定できるようです😊

 

エアアジアXでハワイに行ってみた口コミ感想

とにかくコスパがいいので、全く不満はありませんでした。本当にこの値段でハワイ旅行ができるなんて、エアアジア様様です。

またハワイに行きたくなったらエアアジアを利用したいと思います。

 

今回のハワイ旅行記目次はこちら。

【ハワイ格安旅行 ブログ】初めてのホノルル旅行3泊5日【2019春】

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です