福岡発⇒バリ島へ格安旅行したい方におすすめのツアー・航空会社

バリ島 3泊5日 プラン 費用 福岡 シンガポール航空

先日行ったバリ島がとても楽しかったので、近いうちにまたリピートしたいと思っています。

バリ島お手頃ヴィラで過ごす3泊5日の旅(プランと費用)

前回はラッキーにも、申し込んだタイミングがたまたまシンガポール航空の日本就航50周年記念セール中でした。シンガポール航空は普通に安いのかと思っていたら、そんなことはなかったんですね(^◇^;)

通常料金だとちょっと高く感じたので、他の方法も含めて福岡-バリ島のオススメの移動手段を調べてみました。

調べた結果を参考までにシェアしたいと思います。

福岡からバリ島へ旅行するのにおすすめの航空会社

福岡とバリ島を結ぶ直行便は残念ながら2018年6月現在就航していません

そのため、どこかのハブ空港で一度は乗り継ぎが必要になります。乗り継ぎを含めると選択肢が膨大になるので、どのルートが一番お得になるのか迷ってしまうと思います。私も仁川、上海、台北、マニラといろんな航空会社を使って乗り継ぐ方法を調べましたが、結局移動時間や料金を考えると、選択肢はそれほど多くありませんでした。

おすすめ順にその航空会社をご紹介します。

シンガポール航空

福岡 バリ島 おすすめ シンガポール航空

一番のおすすめはシンガポール航空です。福岡-バリ島路線の便の到着時間はほとんどが深夜12時〜1時ですが、シンガポール航空なら19:05です。他の便は到着初日にホテルで寝ることぐらいしか出来ませんが、この時間に着いたら十分夜のバリを観光でき、ディナーを楽しむことが出来ます^^

デメリットは料金が他の格安航空会社に比べて割高なのと、シンガポールでの乗り継ぎ時間が50分と短いことです。乗り継ぎ時間が短いのはありがたいことなんですが、あまりにタイトなので乗り継ぐ前の便が遅延した際に、間に合わなくて乗れないということがありました。

シンガポールで乗り継ぎできず翌日のフライトに変更された時の対処

2018.05.29

滅多にないことと思いたいですが、次の日大事な仕事を入れている方などは少し注意が必要です。

シンガポール航空のメリット

  • 到着時間が早い(夜の7:05
  • 移動時間が短い(往路10時間5分
  • 乗り継ぎの空港が便利(シンガポール・チャンギ空港)
  • 機内食が美味しい
  • 各座席にモニターがあり、映画のラインナップもそこそこ
  • スマホの充電ができる(USBポートあり)

シンガポール航空のデメリット

  • 料金が割高(通常往復7万円〜
  • 乗り継ぎ時間が50分と結構ギリギリ(遅延で乗り継ぎできなかった経験あり)
  • 機内Wi-Fiが使えない(ビジネスとファーストは少し使える)

一応デメリットも紹介しましたが、料金さえ見合えば福岡-バリの移動はシンガポール航空一択です。格安のツアーパックだと、ホテル代込みで5万円ぐらいのものもあるので、ツアーを選ぶ際にはシンガポール航空利用のものがおすすめです。

シンガポール航空の料金を確認されたい方はこちらかどうぞ。

シンガポール航空が安く利用できるおすすめツアー

HIS(エイチアイエス)

HIS スーパーサマーセール 福岡 バリ シンガポール航空2(出典:HIS – 福岡発スーパーサマーセール

販売期間

2018年05月26日~2018年06月18日

出発日

2018年06月25日~2018年09月30日

料金

49,800円〜69,800円

現在HISでスーパーサマーセール開催中で、シンガポール航空利用なのにホテル代込みで49,800円でした。6月と9月末であればこの値段で行けるので、今バリ旅行を申し込もうと考えられている方はこちらのツアー一択だと思います^^

→HISのスーパーサマーセールを確認されたい方はこちらからどうぞ。

バリ王

バリ王
(出典:バリ王 – とにかく価格重視

出発日

2018/04/01~2018/09/30

料金

61,800円~150,800円

バリ王というツアー会社でも現在サマーセール中なのですが、残念ながら福岡発は対象外でした。ホテルは全く気にしないとして、6,1800円が最安値でした。シンガポール航空の通常料金よりは安いので、一応こちらもおすすめにはなると思います。

バリ王で福岡発のツアーパックをお探しの方はこちらからどうぞ。

フィリピン航空

バリ島 福岡 航空会社 おすすめ フィリピン航空2

フィリピン航空での福岡-バリ便は通常でも往復4万円代という安さが魅力です。到着時間が深夜という点を除けば、移動時間が往路10時間10分とシンガポール航空と変りません。

フィリピン航空はサービスがイマイチなんじゃ、と思って調べていると徐々に改善されてきているようです。

「フィリピン航空各座席にモニター付いてて、大きい!」と喜んだのですが、これは成田・関空・名古屋発のみに導入されたA330-300型機という新型機だけのようです。福岡-マニラ間に飛んでいる飛行機の種類を調べるとA321というタイプでモニターはないようです。

ただし、無料の機内Wi-Fiが使えて、事前にmyPAL Playerというアプリをインストールしておくと、飛行機のフライト情報や映画などのエンターテイメントも見れるそうです。USBの電源もあるそうなので、まあ許容範囲ではないでしょうか。

フィリピン航空のメリット

  • 料金が安い(通常往復46,000円〜
  • 移動時間が短い(10時間10分
  • 機内で無料Wi-Fiが使える(事前にmyPAL Playerというアプリのインストールが必要)
  • USB充電あり

フィリピン航空のデメリット

  • バリ島到着時間が遅い(深夜0:40
  • 乗継時間が少し長い(2時間30分)
  • 各座席にモニターがない
  • 乗り継ぎのマニラ空港の評判がイマイチ

最安値近いのに機内Wi-Fiが無料なのは嬉しいポイント。成田や関空で新型機が導入されたのも2017年のことなので、今後福岡便にも入れてくれることに期待です。高速バス感覚で割り切って乗るのであれば、サービスも十分だと思います。

フィリピン航空の料金を確認されたい方はこちらからどうぞ。

フィリピン航空のセール情報

現在フィリピン航空はサマーシートセール中です。往復4万円代の日もあって、今年の12月まで出発日が選べます。

詳細はこちらを確認ください。

【2018年6月4日更新】フィリピン航空のセール時期と料金(福岡発)

2018.06.08

格安ツアーについても調べましたが、航空券代より安くなるツアーは見当たりませんでした。フィリピン航空を利用する場合は、航空券をとってホテル代の割引がきくエクスペディアでホテル予約をするのが一番おすすめです。

中国東方航空

バリ島 福岡 航空会社 おすすめ 中国東方航空

料金が安い!でお馴染みの中国東方航空もバリ島までの便利な路線があります。しかし、中国東方航空の料金はエアトリなどの予約サイトで調べると5万円台のものがあるのですが、直接中国東方航空のオンライン予約で調べると7万円以上と高額です。

ツアーなどで、めちゃくちゃ安いものの航空会社が中国東方航空の場合は、選択肢に入ってくるんじゃないでしょうか。

中国東方航空のメリット

  • 料金が安い(5万円台)
  • 移動時間がまあまあ短い(11時間35分
  • 上海-デンパサール便(MU5029)はコンセント充電あり
  • 機内Wi-Fiがある機体も

中国東方航空のデメリット

  • バリ島到着時間が遅い(深夜0:30
  • モニターなし

フィリピン航空のおすすめツアーを探してみましたが、最低でも5〜6万円以上するものばかりでした。フィリピン航空の通常の料金は46,000円ぐらいあまりメリットがありません。フィリピン航空を利用する際にはツアーよりセールを利用するのがおすすめです。

中国東方航空が安く利用できるおすすめツアー

かもめツーリスト

かもめツーリスト 中国東方航空 福岡 バリ

小さめのツアー会社のようですが、それほど悪い評判も見当たらなかったので、普通のツアー会社だと思います。もちろんてるみクラブのようなケースもありうるので、大手志向の方にはおすすめできませんが(^◇^;)

かもめツーリストで格安ツアーパックをお探しの方はこちら。

以上、福岡-バリ島間のおすすめの航空会社の紹介でした。

次回私がバリ島へ行く際にはフィリピン航空を利用する予定です。実際に乗ってみたレポや感想が出てきたら、またこちらの記事に追加してご紹介します^^

Plofileプロフィール

Sayaka

福岡市在住のネイリストです。天神南で個人営業を始めてもう4年ほどになります。海外好きなので、過去に1年間カナダにワーホリに行ったり、隙をみては海外旅行に行ったりしています。サロンの経営者ではなく、自由に海外にいけるライフスタイルを目指しているので、私が経験したことをブログに書いたりもしています。お気軽に声をお掛けください^^

海外旅行お役立ち