【バリ島旅行準備編】マルチ対応の変換プラグが使えなかった…Cタイプ専用がおすすめ!

バリ島 変換プラグ タイプ

海外旅行の準備をする際に、変換プラグは真っ先に思いつきますよね。

訪れる国々よってプラグの形状が違うので、全てがまとまったマルチタイプの変換プラグを用意される方も多いんじゃないでしょうか。今回私もマルチタイプの変換プラグを持ってバリ島旅行に行きました。

タイプ的にはこの変換器で使えるはずなのですが、思わぬ落とした穴があって利用できませんでした。参考までに私の失敗談をシェアしたいと思います。

バリ島のコンセントタイプと電圧

バリ島のコンセントタイプの形状はCタイプです。電圧は200Vです。

私が充電したかったのは、iPhoneとiPadです。ACアダプタに100-240Vと書いてあるので電圧は気にする必要はありません。ブルーバードタクシーで移動中変なところに連れて行かれはしないかと、アプリで現在地を常に確認していたりと、ヘビーにスマホを使っていました。

ホテルに到着し、命綱のスマホを充電するため、早速部屋のコンセントを探しました。前もって調べていた通り、プラグが丸い穴のCタイプのコンセントを発見。

バリ島 変換プラグ タイプ

早速充電しようと、持参していたマルチ変換器のCタイプのプラグを立ち上げました。変換器にiPhoneの充電器を差し込み、いざコンセントへ変換プラグを挿そうとした直前に嫌な予感がしました。

マルチタイプの変換器が挿さらなかった…

バリ島 変換プラグ タイプ マルチが挿さらない

そうです、コンセントが丸く窪んだ穴の奥にあるので、私の変換器では届かなかったんです。

私が使っているのが、こちらのような縦長タイプのマルチ変換プラグです。

Cタイプのプラグが縦長の方の面にあるので、この丸の中には入らないんですね。この丸の窪みの中にあるコンセントは決して私たちが泊まったホテルだけのものでなく、スタバや空港などでも同じ形状でした。おそらくバリ島のコンセントの一般的な形だと思います。

バリ島に行くならCタイプの変換プラグの購入を!

Cタイプの差し込み部分が細いタイプのマルチ変換プラグもありますが、

他の国では別の部分がささらない、なんてことにならないようバリ島へ行く際には安いCタイプ変換専用のプラグを購入するのがいいと思います。

特に私が持っていた形のマルチ変換プラグをお持ちの方はお気をつけ下さい^^

Plofileプロフィール

Sayaka

福岡市在住のネイリストです。天神南で個人営業を始めてもう4年ほどになります。海外好きなので、過去に1年間カナダにワーホリに行ったり、隙をみては海外旅行に行ったりしています。サロンの経営者ではなく、自由に海外にいけるライフスタイルを目指しているので、私が経験したことをブログに書いたりもしています。お気軽に声をお掛けください^^

海外旅行お役立ち