【バリ島旅行の持ち物】おすすめのSIMカードと変換プラグ

バリ 旅行 持ち物 sim リスト

航空券もホテル予約も終わり、ぼちぼちバリに持っていくものの準備を始めました。

バリについて調べているとぼったくりにあったという話がたくさん出てきます。

しかも、一番の難関が空港を出た瞬間のタクシーの客引きらしいです。

最初からなかなかの洗礼が待っている国なんですね😓

というわけで、日本から海外Wi-fiをレンタルして行った方がいいと思いました。

最近ではどこの国でも海外Wi-Fiは必需品のようになっていますが、特にバリ初心者はあった方が良さそうです。

海外WiFiレンタルはちょっと高い…

バリ 旅行 持ち物 グローバルwi-fi 料金

海外Wi-FiレンタルならグローバルWiFiがおすすめです。

海外WiFiレンタルは必要?おすすめな場合、業者を比較してみました。

バリ島で5日間使う予定で料金を調べると6,507円

うーん、普段2〜3日の旅行ばかりに行くので、ちょっと高く感じてしまう。

他に安い方法はないかと調べたところ、海外対応のプリペイドSIMカードを使う方法が見つかりました。

海外対応プリペイドSIMカードが安い

プリペイドSIMとは、例えば8日間2,000円のように携帯料金を前払いすることで使えるSIMカードのことです。

日本だとSIMカード=携帯会社との契約というイメージなので、SIMカードを差し替える機会ってほとんどないですよね。

海外だと旅行に行った先の現地でSIMカードを買って、
ころころカードを差し替えるのが普通みたいです。

バリ島で使えるSim2FlyがAmazonに

バリ 旅行 持ち物 sim リスト

バリの携帯会社に行ってプリペイドSIMを買うんだったらハードルが高いですが、なんと日本のAmazonで買えました。

値段は1,560円!安い!

容量は3GBとちょっと少なめですが、8日間も使えます。

SIMフリー端末じゃないと使えない

ソフトバンク sim 解除 海外

ただ注意しなきゃいけないのがSIMフリー端末じゃないと使えません。

私のiPhoneも調べたらソフトバンクのSIMロックがかかっていました。

この辺のことは苦手だったんですが、6000円もお得になるので頑張って調べて解除しました。

ソフトバンクで買ったiPhone7のSIMロックを解除する方法(お得な海外SIMを使うのに必要)

Sim2Flyは日本から使える

Amazonからメール便で届きました。

中を開けると、SIMカードと説明のコピーのみ。

もしバリについてから出来なかった怖いので、
8日間という猶予を利用して、出発前に使えるか試してみました。

Sim2Flyは日本も対応しているのでこの辺がいいですよね。

iPhoneの横の穴に針を刺し、SIMカードを交換するだけで問題なく使えるようになりました。

バリ旅行の際にはSim2Flyおすすめです!

Sim2FlyをAmazonでチェック

【追記 2018/06/02】
バリ島でも問題なくネットが使えて本当に便利でした。

Wi-Fiルーターの持ち歩きもないので、普通に日本でスマホを使っているのと同じでした。

私が使用したのは5日間で2.2GBで、容量も十分でした。

変換プラグは専用のものがおすすめ

スマホを充電するためのコンセント変換プラグも必要です。

高級ホテルには変換プラグが備え付けてあるそうですが、
私が泊まるヴィラではちょっと期待できそうにない。

宿泊先はクロボカンのお手頃ヴィラに決定!

バリ以外でも使えるようにマルチタイプの変換プラグを買いました。

旅行の後にわかったのですが、これが大失敗。

なんと全然使えませんでした。

もちろん機械に問題があったわけではありません。

下の写真のようになぜかバリのコンセントの周りは丸く窪んでいることが多かったんです。

その丸の窪みが邪魔をして図体の大きいマルチタイプのコンセントは刺さらなかったんです。

バリ島 変換プラグ タイプ マルチが挿さらない

バリに持って行く変換プラグはシンプルなAタイプ→Cタイプの変換プラグがおすすめです。

今回のバリ島旅行の目次に戻る。

【バリ島 旅行記 ブログ】コスパのいいヴィラでゆったり過ごす3泊5日【2018春】

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です