福岡発→バリ島旅行 お手頃ヴィラで過ごす3泊5日のプランと費用

【バリ島旅行記】3泊5日お手頃ヴィラでゆったり過ごしたプランと費用

先日バリ島に3泊5日の旅行に行ってきました☺

バリ島への旅行は今回が初めてです。今まであまりリゾート旅行はしたことがなかったので、バリ島はノーマークでした。しかし、お客様の中でバリ島に行かれる方が多く、「よかったよ。」という感想や、「普段泊まれない様なホテルにも泊まれるよ。」なんて話を聞いているうちに、段々行ってみたい!と思う様になりました。

実際行ってみてると、「いろんな意味で濃い!笑

リゾートあり、胡散臭い人たちの交流あり、文化的な見所もあり、と海外旅行の楽しみが全てあの小さい島に詰まっているという印象を受けました。近いうちにまた行きと思っているほどハマったので、ぜひ行かれるか迷っている方にはおすすめしたい場所です。

大して調べずゆるゆるな計画で向かいましたが、参考までにプランと費用をご紹介します。

1日目 福岡からシンガポール経由でバリ島へ

バリ島 3泊5日 プラン 費用 福岡 シンガポール航空

福岡から約10時間かけてバリ島へ。途中シンガポールで1回乗り継ぎました。

料金は往復44,710円で、エクスペディアで探して申し込みました。

シンガポール航空の機内食&レビュー 2018年5月時点(福岡-チャンギ-バリ島)

2018.05.30

バリ島には夜7時ごろ到着。外はもう真っ暗でした。

スミニャックのヴィラへチェックイン

今回泊まったのは、ヴィラ バリ アスリ バツベリグというスミニャックのヴィラです。

今回の旅の一番の目的は、お手頃ヴィラでゆったり過ごすことです。バリはホテル代が安く、1万円ぐらいでいい感じのヴィラに泊まれます。

Villa Bali Asri Batubelig(ヴィラ バリ アスリ バツベリグ)ウェルカムドリンク

チェックインして、ウェルカムドリンクをいただいているともう21時を回っていました。

眠りたい欲求と闘いながら、夜12時まで開いているクタエリアのインドネシアレストランへ。

クタエリアでインドネシア料理

向かったのは地元の人にも愛される串焼き屋さん「サテハウス」です。

バリ島 ディナー おすすめ クタ 鶏肉のサテ 牛肉のサテ

日本人好みの味で、普通に美味しい焼き鳥が6本180円くらいで食べられるコスパ最高なお店でした。

ローカルな雰囲気と美味しいインドネシア料理が食べたい方にはオススメです^ – ^

【バリ島おすすめディナー】 地元民で賑わうクタの串焼き屋さん「サテハウス」

2018.05.26

2日目 スミニャック・南部エリア観光

実質1日目となる2日目はスミニャックエリアをブラブラと観光しました。

朝 ヴィラ周辺とビーチを散策

到着したのは夜だったので、朝からヴィラ周辺を散策。フロントとヴィラをつなぐ小道が緑に囲まれていて素敵です。

Villa Bali Asri Batubelig(ヴィラ バリ アスリ バツベリグ)外観

ホテルからビーチまでは徒歩5分ほど。めちゃくちゃ綺麗なビーチではありませんが、カップルで過ごしている欧米人や釣りをしている地元の人などがいました。

バツベルグビーチ

ビーチを歩いてスミニャック近くまで来たので、観光地として人気のオベロイ通りを目指しました。初日分のお金しか両替していなかったので、両替も目的です。

スミニャック・オベロイ通りを観光

スミニャックスクエア

スミニャックスクエアで両替をし、オベロイ通りをブラブラ観光。スタバの値段に驚きつつ、ランチへ向かいました。スタバは世界共通の値段設定らしく、130,000ルピア(≒1,018円)ほどかかって、「高っ!」とびっくりしました。

ランチはビュッフェ形式のお得なワルンへ

ランチに選んだのが、ガイドブックでショーケースから好きなおかずが6種類選べると紹介されていたWarung Taman Bambu(ワルン・タマン バンブー)です。いまいちオーダー方法がわからなかったので、適当に食べたいものを指差し、4種類のおかずとご飯のセットに。

バリ グルメ スミニャック ワルン タマン バンブー 料理

コーラまでついて一人55,000ルピア(≒425円)ぐらいだったので、激安です。味は日本人にも抵抗なく美味しく、ゆったりとした雰囲気もオススメのお店です。

ランチ後スミニャックエリアのお得なスパでゆったり

個人的にヴィラともう1つの目的だったマッサージへ。こちらもガイドブックでお勧めされていたLa Karma Spa(ル・カルマ・スパバリ)というお店に行きました。

足マッサージが1時間がなんと85000ルピア(約657円)と激安です。さらに全身でも同じ値段なのがもっと驚きです。私は全身はくすぐったいので、足マッサージにしました。

スミニャック マッサージ 激安

夕日とケチャッ鑑賞のためウルワツ寺院へ

スミニャックからカーチャーターで南部エリアに移動。バリ島1番の絶景スポットとも言われるウルワツ寺院へ。スミニャックからは渋滞もありましたが、片道90分ぐらいです。

ウルワツ寺院 夕日 ケチャッ 絶景

敷地内で伝統舞踊?のケチャッも鑑賞できます。毎日夜6時から1時間行われていて、入場料は100,000ルピア (約773円)です。

ウルワツ寺院 ケチャッ 夕日

ケチャッの会場から見る夕日もきれいなので絶景スポットとしてもおすすめです。

ケチャを鑑賞した後は、ホテル近くまで戻って遅めの夕食。

ディナーはホテル近くでワイルドな絶品肉料理

夕食は私たちが泊まったヴィラの近くにあって、ポークリブが美味しいと有名なHog Wild with Chef Brunoへ。ポークリブとサイドメニューの2種類のセットで1,500円ぐらいしました。バリ島価格では高めのお店です。

Hog Wild with Chef Bruno ホッグワイルドのポークリブ

ボリューム満点に見えますが、ポークリブは骨が多いので、2人で食べるには少し物足りないぐらい。隣に座った陽気な常連のおじさんにポークチョップがおすすめだよ、と言われポークチョップも注文しました。確かに私もポークリブよりポークチョップの方が味・ボリューム的におすすめです。

マティーニを頼むと、セクシーな店員さんが「シェイク、シェイク!」と声を上げて踊ってくれるサービスもあります。全体的にアメリカンな雰囲気漂う楽しいお店でした。

3日目 ウブドエリア観光

3日目はバリの森が感じられるエリア・ウブドへ行きました。ウブドの観光地はそれぞれ離れているので、丸1日カーチャーターをしました。朝10時にスミニャックを出発し、ウブド到着までに1時間半ほど。思ったより時間がかかったので、まずランチをする予定だったライステラスを目指しました。

ジャコウネココーヒーを飲みながらライステラスを眺める

カーチャーターを依頼したドライバーさん曰く、ライステラスは世界遺産のジャティルウィが絶対おすすめとのこと。テガカランのライステラスよりオススメのジャコウネココーヒーの観光スポットがあるからそっちにしようと提案が。ジャコウネココーヒーにそこまで惹かれませんでしたが、ブランコもあるよと押され、渋々了承することに。

テガカラン ライステラス ジャコウネコ ブランコ

ジャコウネココーヒーの製作過程が無料で見学ができ、コーヒーの試飲もできます。ライステラスの絶景までみれて確かにオススメのスポットでした。左手奥に巨大ブランコがあり、ライステラスの絶景へ向けて飛び出せるので、結構やりたかったのですが、二人用だと3,000円近くしたのでやめときました(^◇^;)

ライステラスを望むBoni Baliでランチ

その後、ライステラスの中心地は車をゆっくり走らせて眺めさせてもらい、ランチを食べる予定のBoni Baliへ。

uberTrip バリ 使えない ウブド カーチャーター

落ち着いた雰囲気にライステラスの絶景が望めるロケーション。料理もオシャレでヘルシーな感じでおすすめです。

ライステラス レストラン ランチ boni bali

その後、人気の観光地のガオガジャ遺跡や

バリ ウブド ガオガジャ遺跡

ティルタウンプル寺院を回って

バリ ウブド ティルタウンプル寺院

スミニャックに戻りました。もう少しウブドの雑貨をブラブラとショッピングしたかったのですが、ガイドさんが一緒だとなかなかペースが掴めずできませんでした。ザ・観光っていうプランならガイド付きで問題ないと思いますが、私のようにブラブラが目的だとガイドは不要かもしれませんね。

ウブドから戻り、スミニャックビーチで夕日を堪能するために移動。

3日目夜 スミニャックのビーチカフェで夕日

夕日をビーチクッションに寝そべりながら眺められるビーチバーラプランチャへ。向かっているときにあいにくの雨が降って来ました。小雨だったので迷いましたが、泣く泣く断念することに。近くの屋根があるビーチカフェに入りました。

スミニャック ビーチバー ラプランチャ

綺麗なサンセットは見れませんでしたが、海辺のカフェでゆっくりした時間を過ごしました。

ビーチカフェ ラプランチャ

4日目 クタ・レギャン周辺でショッピング・お土産

ホテルのチェックアウトが正午までだったので、朝からホテル近くのビーチで泳いだり、最後のヴィラでの時間を満喫しました。

【バリ島旅行記】3泊5日お手頃ヴィラでゆったり過ごしたプランと費用

空港にスーツケースを預け、まだ行ってなかった言ってなかったクタ・レギャンエリアへ。

クタエリアの大型ショッピングモール「ビーチウォーク」で昼食

クタのショッピンエリアを眺めながら、行ってみたいと思っていた大型ショッピングモールの「ビーチウォーク」へ。3階のイートインスペースで昼食を取りました。

バリ クタ ビーチウォーク

クタのスーパーマーケットや近くのお土産屋さんを回って、お土産まとめ買い。

サンセットロードのクリスナでお土産購入

バラマキお土産を買うならここ!と紹介されていたクリスナでお土産を購入。

お土産 クリスナ サンセットロード2

レギャンエリアのお得なスパで最後にマッサージを受け、空港へ。

デンパサール空港へ直行&帰国

デンパサール空港

帰りの飛行機ではなかなか大変なトラブルがあったのですが、それはこちらの記事で紹介しています。

シンガポールで乗り継ぎできず翌日のフライトに変更された時の対処

2018.05.29

では最後にこの旅にかかった費用をご紹介します。

まとめ

バリ島3泊5日の旅にかかった費用

内容費用一人あたり
・航空券(往復)89,420円44,710円
・ホテル(3泊5日朝食付き)33,981円16,990円
海外対応SIM1,450円725円
・食事代10,000円5,000円
・移動代(カーチャーター代含む)12,000円6,000円
・マッサージ代(2回)4,000円2,000円
・施設入場料2,000円1,000円
・チップ代2,000円1,000円
・お土産代2,000円1,000円
合計156,851円78,425円 

ざっくり計算ですが、かかった費用は一人当たり78,425円でした。

リゾートっぽい豪華な遊びは行っていないので、基本の値段として参考になればと思います。

バリ島は3泊5日じゃ全く時間が足りないと思えるほど魅力的な場所でした。他の地域や離島へのオプションツアーはもちろんですが、今回のエリアにもまた行きたいと思えるほどです。

バリ島のおすすめポイント

  • 物価が安い
  • ビーチが楽しめる
  • 普通リゾート地にはない猥雑さがある
  • アジアなのに欧米人が多い
  • 料理が美味しい
  • 文化も楽しめる

バリ島は全部乗せのランチプレートのようなもので、人によっていろんな楽しみ方ができる場所だと感じました。ぼったくりの多さがたまにに瑕ですが、それが嫌な方はヌサドゥアから出ないという選択もありますしね。

私はあの猥雑さも含めて楽しかったので、次回行くときはウブドに泊まりたいと思います。

次回バリ島でやってみたいこと

  • ウブドに泊まる
  • サーフィン、ビーチアクティビティをする
  • レンタルバイクを借りる

Plofileプロフィール

Sayaka

福岡市在住のネイリストです。天神南で個人営業を始めてもう4年ほどになります。海外好きなので、過去に1年間カナダにワーホリに行ったり、隙をみては海外旅行に行ったりしています。サロンの経営者ではなく、自由に海外にいけるライフスタイルを目指しているので、私が経験したことをブログに書いたりもしています。お気軽に声をお掛けください^^