【バリ島旅行準備編】ブルーバードタクシー本物と偽物の見分け方

bluebird taxi 見分け方

バリ島旅行をするならブルーバードタクシーの利用は必須です。

特にデンパサール空港からホテルまでの移動の際に、割高な空港タクシーやぼったくり白タクを避けるため、行く前からブルーバードタクシーの使い方を調べていました。

デンパサール空港からのタクシー料金を抑える!徒歩で敷地外へ出るルート案内

2018.06.01

調べていた通り、空港からの脱出、アプリでのブルーバードタクシーの手配は比較的簡単だったのですが、一番難しかったのが本物と偽物の見分け方です。アプリで本物を手配したのに、ちょうど同じタイミングで来た偽物に乗ってしまうという失敗もありました。

おそらくバリ島旅行が初めての方はみんなブルーバードタクシーの偽物に悩まされると思います。旅行中にかなりの確率で偽物と本物を見分ける方法がわかったので、参考までにご紹介します。

ブルーバードアプリの使い方

ブルーバードタクシーを利用する際は、基本的にアプリで手配するのがおすすめです。

My Blue Bird Taxi

無料
(2018.06.11時点)
posted with ポチレバ

*アプリの登録時にSMS認証があるので、ブルーバードアプリの登録は日本で済ませておいた方がいいです。

流しでも本物ブルーバードタクシーはたくさん走っていますが、アプリなら行き先を予め指定しておいたり、ドライバーの評価も予約時に確認できるというメリットがあります。

アプリの表記は英語ですが、直感的に操作できるので使い方は簡単です。

ブルーバードアプリ 使い方

Pick upで自分がいる場所を選択、Drop offで行き先を指定します。

その後、Book nowのボタンを押すだけで予約完了です。

予約が完了すると、担当のドライバーさんの顔写真(ない人も多かった)とタクシーの現在位置が把握できます。

バリ島 3泊5日 プラン 費用 ブルーバード アプリ

これならなんの心配もないと思うはずです。私もそう思っていたのですが、予約したタクシーを待っている間も次々と目の前にタクシーが現れ「プッ!」とクラクションを鳴らし、乗るように促してきます。

しかも、声をかけてくるタクシーはほとんどがブルーバードと同じ青いトヨタ車でした。ブルーバードタクシーの偽物がいるとは知っていましたが、たまに悪質な人がそういうことをやっているのかと思っていました。いざ行ってみて分かったのは、バリ島のタクシーは本物か、それ以外は全てブルーバードタクシーの偽物だったことです。



ブルーバードタクシーの偽物と本物の見分け方

日本人の感覚でいうと、偽物と言っても紛らわしくしているだけと思うはずです。しかし、そこはさすが海外、堂々とBLUE BIRD GROUPと書いてある偽物もいます。

見分けるためには、パクりたくてもパクれなかった部分を見ることです。ぱっと見でわかる違いは車の色と社名表示灯の違いです。本物は薄いブルーのコンパクトカー。

bluebird taxi 見分け方

偽物は濃いブルーのセダンタイプが多かったです。

ブルーバードタクシー 見分け方 偽物

夜に遠くから見分けがつかない場合は、横にタクシーが車で待ちましょう。

サイドにBLUE BIRDと書いてあったらほぼ本物です。上の偽物にはマークはパクっていますが、 BALI TAXIと書いてあります。



間違ってブルーバードの偽物に乗ってしまったら

一度間違って偽物に乗ってしまいました。アプリで予約した車を待っていると車の窓から手を振ってこちらにUターンしてくれるタクシーが目の前に止まりました。自分が予約したと思いタクシーにに乗り込みました。

でも乗り込んだ瞬間から違和感が。エアコンもつけず窓全開でBGMも爆音…何よりあるはずのメーターがついていません

Is this blue bird?と訪ねるとなぜか笑ってごまかすドライバー。

一応目的地までの値段を訪ねると、150,000ルピアと言われました。行きは50,000ルピアだったので約3倍の値段をふっかけられました。やっぱり偽物はボッタクってくるかーとがっかりして、「ごめん間違えたから下ろして」というと、

「100,000ルピアでどう?」と値を下げて来ました。

「50,000ルピアしか持っていない」というと、じゃあそれでいいよと相場の料金まで下がりました。実際少し渋滞したので、ブルーバードの値段より安くついた気がします。笑

偽物に乗る際には、初めにこれだけで行ってくれ!無理なら別のに頼む、と交渉するのがポイントのようです。



これでもう間違わない!予約したブルーバードタクシーの見分け方

一度間違って偽物に乗ってしまってから、乗る前にアプリ予約の画面を見せ「これは貴方で間違いない?」という確認をいちいちとっていました。しかし、最終日になってそんな面倒なことをする必要ない簡単な見分け方があることが判明。

それはホテルをチェックアウトした後に、フロントで予約したブルーバードタクシーを待っていたときのことです。

フロントから「移動手段は何?グラブタクシーはここまで入ってこれないかもよ。」なんて声をかけれました。

アプリでブルーバードを予約しましたー、とスマホの画面を見せると、「ブルーバードならOK!」賢い選択だよ、なぜだか褒めてくれます。そのままフロントの方と話しながら待っていると、一台のタクシーがホテルの前を通り過ぎました。

「君たちのタクシーがきたよ!番号も同じだったから今の車だよ!」

え…番号??(・_・;

アプリを見ると、VV647のような番号が書かれています。

改めてブルーバードタクシーを見ると、車体の横と後ろにも同じ番号が書かれています。

ブルーバードタクシー 見分け方 本物

予約したタクシーはこの番号で見分けるのかー、と最終日になってようやく理解しました。ブルーバードタクシーには必ずこの数字が書かれています。VVの部分はIVやJVのものが多かったです。この数字を見れば自分が手配したタクシーが一目でわかったんですね。

この数字は流しで走っているブルーバードタクシーが本物かどうか見分ける際にも使えます。

タクシーが声をかけてくる時には、徐行しながらなので、タクシーの側面を確認する時間は十分あります。焦ってタクシーを止めずに、まずはサイドのこの数字をチェックすると偽物に騙されることはまずありません。

バリ島に行った際には、ぜひこのチェック方法を試して見てください。

バリ島での移動はブルーバードでもGrab Taxiでもアプリを利用するのが基本となるため、常にネットが使える状態にないと不便だと思います。私は今回海外SIMカードを日本で事前購入してみたのですが、問題なく使えて旅行中非常に助けられました。

海外WiFiレンタルより安い!バリで使えるSIMカードを日本で購入してみた。

2018.05.16

SIMフリー端末限定の方法なので、できない方は海外WiFレンタルでもいいので、持って行かれることをおすすめします^ ^

Plofileプロフィール

Sayaka

福岡市在住のネイリストです。天神南で個人営業を始めてもう4年ほどになります。海外好きなので、過去に1年間カナダにワーホリに行ったり、隙をみては海外旅行に行ったりしています。サロンの経営者ではなく、自由に海外にいけるライフスタイルを目指しているので、私が経験したことをブログに書いたりもしています。お気軽に声をお掛けください^^