ジェルネイルで伸びた爪を切りたい!と思った時の対処法




ジェルネイル爪切りたい

こんばんは☺︎

よくジェルネイルをされているお客様から
「爪が伸びてきたんですけど切ってもいいですか?」
という質問をよくいただきます。

今日はこの質問に対する私の回答をご紹介します( ´∀`)

ジェルネイルを爪切りで切るのはNG!

ジェルネイルを爪切りで切るのはNGです( ´∀`)

爪切りのパチンという衝撃で、ジェルと自爪の間に隙間ができてしまう恐れがあるからです。

ジェルと自爪の間に隙間ができてしまうと、リフト(剥がれる)のリスクが高まるだけでなく、そこから水分や菌が入り込んでグリーンネイルになってしまうリスクも高まります。

「私は、パチンとなんて激しく切らないから大丈夫( ´∀`)」

と思われた方も、できたらヤスリなどで削ることをお勧めします。

ジェルネイルの先端を切ってしまうと、
ジェルと自爪を繋ぐ重要な部分であるエッジ(爪先)が塗られていない状態になります。

エッジが塗られていないとそこからジェルが浮いて
隙間ができてしまう可能性があります。

ジェルネイルが伸びて来たら、やはりサロンで付け替えを行なっていただくか、オフしていただくのがベストです。

ジェルネイルが伸びてどうしても切りたい!となった時の対処法

ジェルネイルが伸びてどうしても切りたい!となった時の対処法

とはいえ、近日中の予約が取れなかったり、仕事の都合が合わなかったりで、「どうしても自分で切りたい!」なってしまうときもありますよね( ´∀`)

そんな時には以下の2つの対処法をおすすめします。

自分でジェルネイルをオフする

ジェルネイルを自分でオフするのはそれほど難しくありません( ´∀`)

arco nailの店頭でもセルフオフキットを販売していますし、最近は自分でアルミホイルを巻く必要もない便利なリムーバーも出ています。

自宅で簡単にジェルネイルをオフできる?! | C CHANNEL 2017-02-21 15-57-55(画像出典:自宅で簡単にジェルネイルをオフできる?!)

上のリンク先では動画でジェルネイルをオフする様子が解説されているのですが、本当お手軽な感じが伝わって来ます。

316円というお値段も魅力的です。
Rooro ジェルリムーバーパックS(30枚入り)

ジェルネイルをオフした後であれば、当然ですがお好きなように爪を切っていただいて大丈夫です( ^∀^)

ファイル(爪やすり)で削った後、トップジェルでエッジをコーティング

ファイル(爪やすり)で削った後、トップジェルでエッジをコーティング

ジェルネイルをオフせず長さだけ短くしたい方には、
爪やすりで削った後にトップジェルでコーティングすることをおすすめします。

先ほど解説した通り、エッジ(爪先)にジェルネイルが塗られていないことが問題なので、爪を短くした後にトップジェルでエッジを塗ってしまえば大丈夫ですよね。

やるべきことは以下の3つです。

  1. ファイルで削って長さを短くする
  2. ノンワイプのトップジェルでエッジを塗る
  3. LEDライトで硬化させる

ノンワイプのトップジェルもLEDライトも1,000円代で手に入るので、この方法もハードルは高くないと思います。

マニキュア用のトップコートを塗るようおすすめしているサイトを見かけますが、私としては効果が薄いかなーと思います。

やはりジェルネイルをコーティングする際にはトップジェルがおすすめです。

一応どんなものを買ったらいいのかご紹介しておきますね( ^ω^ )

おすすめのファイル

グレースジェルダイヤモンドファイル 価格:146円

ファイル(爪やすり)はなんでもいいっちゃ、なんでもいいのですが、購入前に目の荒さだけは確認をして下さい。

グリッドの番号が小さい方が荒く、大きくなるときめ細かくなります。

粗い(#80)ファイルで削って、きめが細かい(#180)で形を整えるという風に2本のファイルを使い分けるとやりやすいです。

おすすめのノンワイプトップジェル


PREGELキャンジェル ノンワイプクリア 8g 価格:1,696円

トップジェルは硬化した後にふき取る必要のないノンワイプのものがおすすめです。

中でもキャンジェルは艶がよく出るジェルなので、自分でやってみると感動するほどの仕上がりになると思いますよ( ^ω^ )

おすすめのLEDライト

本格的にジェルネイルを始められるわけではないので、場所を取らずにお値段も安いLEDライトで十分です。

ハンドタイプ(電池)のジェルネイル効果用LEDライト

LEDハンドライト(12灯) 価格 1,380円

小ささと手軽さにこだわるのであれば、ペンライト型のLEDライトがおすすめです。

ただし、1本ずつしか硬化出来ないことと、硬化するにはもう一方の手で持っている必要があります。

電源タイプのジェルネイル効果用LEDライト

LUSB式 mini LED Light 3W 価格 1,380円

ペンライト型に比べて携帯性は落ちますが、据え置いて使えることと、電池も必要ないというメリットがあります。タイマーまで付いているので、硬化のやりやすさはペンライト型より上です。

 

オフをするにしても、ファイルで削ってトップジェルを塗るにしても、最初にちょっとした道具と経験は必要ですが、それ以降は手軽にやっていただける方法です。

ジェルネイルをしていて、どうしても爪が切りたい!という状態になってしまったら、挑戦してみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

Sayaka

福岡市在住のネイリストです。海外に関わる仕事がしたくて日本語教師をしたり、旅行会社で働いていましたが、いつのまにかネイリストになっていました☺︎カナダにワーホリに行ったり、アメリカ横断旅行をした経験もある海外好きアラサーです。