自宅サロンを開業したい方におすすめのスクール




自宅サロン おすすめ スクール

自宅サロンで失敗しないための業種の選び方という記事でも紹介しましたが、自宅サロンで最も成功しやすいのはお悩み解決系でライバルが少ない業種です。

お悩み解決系は大手企業などが参入していることも多いため、ライバルが少ない業種というのは非常に少ないです。

その貴重な条件に当てはまる業種のサロンを開くことができるスクールを、私がネイルブースをお借りしているサロンのオーナーさんが始めたのでご紹介します(*^_^*)

私が自宅サロンを始めるのにおすすめする業種

私が自宅サロンを始めるのにおすすめする業種

私が自宅サロンを始めるのにおすすめする業種は増毛エクステサロンです。

増毛エクステとは、健康な自毛に人工の毛束を結びつけ、髪の毛のボリュームをアップする技術です。

 

自宅サロンを開業したい方におすすめのスクール 自宅サロンを開業したい方におすすめのスクール2

加齢による髪の毛のボリュームダウンに悩む方は男性だけでなく、女性に多いです。ウィッグのCMなどは主婦層がテレビを見ている時間には必ず流れますよね。

悩まれている人が多いのに、それを解決するサービスってそれこそウィッグか、大手のアー○ネイチャーぐらいしか名前が思い当たらなくないですか?

それもそのはず、増毛エクステの技術は大手企業が特許をとっていて、他の会社がその技術を使うことができなかったそうなんです。

最近その特許が切れたらしく、そこに目をつけたオーナーが独自に増毛エクステ用の毛を開発して増毛エクステサロンのスクールをはじめました。そのスクールを受講し、増毛エクステの技術を習得すると、加盟店になることができ、独自開発した増毛エクステ用の毛を取り扱うことができるようになります。

増毛エクステサロンがおすすめな理由

  1. ライバル店が少ない
  2. 技術習得にかかる時間が短い
  3. 必要な道具は増毛エクステ用の毛のみ
  4. お客様単価が高い

増毛エクステサロンは、最近まで特許が取られていた技術を使うので圧倒的にライバル店の少ない業種です。

街中でネイルサロンやマツエクサロン、マッサージ店などはいたるところで見かけますが、増毛エクステサロンは見たことがありません。見かけたとしても某有名企業なので、悩み始めぐらいだったら入るのに抵抗があると思います。

美容室のついでに増毛エクステができたり、デカデカとした看板のない自宅サロンであれば、そちらの方が入りやすいですよね。数が少ないだけでなく、その点でも大手と戦える要素のある数少ない業種です。

加えて、技術習得が簡単というメリットもあります。

増毛エクステの技術は言ってしまえば、毛を結びつけるだけなので、技術習得にかかる時間が短いです。私がジェルネイルの技術を習得するのに、まず半年間ネイル学校に通いましたが、増毛スクールの講習時間は3時間程度です。

オーナーが最近福岡のSARAという大手の美容室に講師として教えにいっている様子がこちらのブログにアップされているので、どんなことを学ぶのか、イメージをつかむ参考にご覧下さい。

【情報解禁!】ヘアラッシュ!!(仮)

技術は手軽なのに、悩まれている方が多い分野なのでお客様単価は3万円ほどと高単価だそうです。

私が以前自宅サロンで失敗しない条件として挙げた、お悩み解決系でライバルが少なく単価も高いだけでなく、技術習得も簡単で、必要な設備も少ないというのが増毛エクステサロンがおすすめな理由です。

 

デメリットを挙げるとするれば、同じサービスのお店と差別化がしづらいことぐらいでしょうか。技術習得が簡単というメリットの裏返しでもあるのですが、もし同じようなお店が近くにできたとしたら、価格でしか他店との差をつけることができません。

逆に言うと、増毛エクステサロンを開くなら、街中にネイルサロンやマツエクサロンほど溢れかえるまでのの間が勝負だということです。

上で紹介したように、早くも大手美容室が動き出しましたが、それでもまだ導入していない段階なので、今から始めるならまだ間に合います。

2〜3年ほどの間バリバリと稼いでしまって、周りに増えてき始めたら、貯まったお金で自分の趣味のサロンでも開くのがいいんじゃないでしょうか。

最初の自宅サロンでスタートダッシュを決めたいという方におすすめの業種であり、スクールです。

 

資料請求は無料ですので、興味がある方は、以下のフォームから「名前、メールアドレス、住所、電話番号」をご連絡ください。

話を聞きたいだけであれば、LINEで一声かけていただけるだけでも大丈夫です^ – ^

LINE ID:@HFO4336N

 

ABOUTこの記事をかいた人

Sayaka

福岡市在住のネイリストです。海外に関わる仕事がしたくて日本語教師をしたり、旅行会社で働いていましたが、いつのまにかネイリストになっていました☺︎カナダにワーホリに行ったり、アメリカ横断旅行をした経験もある海外好きアラサーです。