【2019年版】タイ旅行SIMカードを日本で購入!使い方&現地での使用感レビュー

タイ SIMカードを日本のAmazonで購入

来月タイ旅行に行くので持ち物の準備をはじめています。

まずは必需品のプリペイドSIM探し!

今回のタイ旅行はバンコク市内の観光がメインなので、それほど繋がりやすさにこだわらなくても大丈夫なはず😇

とはいえ、一応タイ旅行のSIMカードの選び方についても調べたのでご紹介します。

今回買ったSIMはこちらです↓↓

タイ SIMカードはどこで買うのがおすすめ?

海外 SIMカード 現地

タイの大手携帯キャリアは「DTAC」「AIS」「TrueMove H」の3社で、日本でいう「docomo」「au」「softbank」のようなものだそうです。

つまり、上の3社のSIMであれば基本的にタイのどこに行っても繋がるので安心。

3社のSIMとも現地の現地の空港で買えるようですが、パスポートの登録が必須だったりとちょっと面倒くさそう。

Amazonには登録不要のSIMカードが売っていたので、私のおすすめはAmazonです。

Amazon Simカード Amazon | プライムなら対象商品配送料無料‎

 

ちなみに値段でいうとKKdayのTrueMove H・SIMカード8日間+通話100バーツ分が最安でした。

タイ SIMカード KKday TrueMove_H・SIMカード8日間

最新価格の確認はこちらをタップ

Amazonで買うのと30円しか変わらないので、私はAmazonで買うことにしました。

タイ SIMカードを日本のAmazonで購入

私が購入したのは「AIS TRAVELLER SIM 3GB for 8days」です。

Amazonには「DTAC」「AIS」「TrueMove H」と3社とも取り扱いがあったのですが、一番売れているのがこれだったので決めました。

タイ SIMカードを日本のAmazonで購入

最新価格の確認はこちらをタップ )

AIS社のトラベラーSIMで3GBまで8日間使えます。

今回の旅行の日程は3泊5日なので、期間は問題なし

私の基準ですが、通信容量は1日600MB使えれば十分なので、これも問題なし。

たまに容量無制限と書いてあっても、小さく(1日上限300MB)と書いてるようなものもありますが、このSIMは3GB使い切るまでは制限がかからないようです。

Amazonの口コミレビューを見ると、問題なく4Gで通信できてテザリングもできたと書いてあります。

このSIMで問題なそうなので、Amazonで購入しました☺️

タイ SIMカードの使い方

SIMカードの使い方は基本的に差し替えるだけです。

iPhoneの場合設定も自動で行われますが、場合によってはAPN設定が必要です。

APN設定を知らない方はこちらをご参考ください。

海外プリペイドSIMカードの使い方
海外プリペイドSIMカードの使い方

タイ SIMカード 現地での使用感レビュー

これ以降は実際にタイ旅行で使ってみた後にご紹介します。

  • 4Gが使えたか:
  • 通信速度:
  • テザリング:
  • 電波状況:

まとめ

たった460円でタイ旅行中も日本と同じようにスマホが使えるようになるのはありがたすぎます!

SIMフリースマホが必要という条件はありますが、それさえ満たせば海外Wi-Fiレンタルよりだいぶお得です。

【海外Wi-Fi】フリーWi-Fi/Wi-Fiレンタル/SIMカードどれがおすすめ?
【海外Wi-Fi】フリーWi-Fi/Wi-Fiレンタル/SIMカードどれがおすすめ?

まだ海外SIMカードを使ったことがない人はぜひ挑戦してみてください。

 

タイ旅行中に人気グルメ店を探すのにものSIMカードは必須です。

バンコク人気グルメマップ!タイ旅行初心者が食べたい定番グルメを全網羅
バンコク人気グルメマップ!タイ旅行初心者が食べたい定番グルメを全網羅

バンコク観光スポットのまとめはこちら。

バンコク人気観光スポット12選!タイ通に聞いたおすすめ穴場スポットも!
バンコク人気観光スポット12選!タイ通に聞いたおすすめ穴場スポットも!

今回のタイ旅行記の目次はこちらです。

【タイ旅行記 目次】エアアジアで格安!バンコク初心者プラン2泊3日(費用これから)
【タイ旅行記 目次】エアアジアで格安!バンコク初心者プラン2泊3日(費用これから)